舌側で行える歯科矯正

歯科で舌側の矯正を行う

舌側矯正専門の歯科医師は少ない

歯の裏に装置を装着する「舌側矯正」のメリットは、見た目がすっきりする点や人から気づかれにくい点で審美性が高いという点で患者のストレス軽減にもなっています。また吹奏楽やスポーツをする人においては外部からの衝撃を受けにくくなる点もメリットとも言えます。通常の唇側矯正と比べると歯科医師の技量が問われる部分が大きい治療法であり、専門としていたり対応している歯科はまだ少なく、費用も1.5倍ほど高くなる事が多いでしょう。歯磨きがし辛い、発音がしにくい点では苦痛に感じる人もいます。治療期間自体は双方差がありません。

舌側でも矯正はできるのか

矯正歯科で行われている歯列矯正というと、どうしても銀色の針金が前歯について目立つというイメージがあります。しかし、歯並びがそこまで悪くない場合には、歯の裏側である舌側にワイヤーをつけて歯並びをよくすることもできます。裏側にワイヤーをとりつけるため、人前で笑ったり話したりしても、目立つことがありません。そのため、人前に出て仕事をするような大人に人気のある方法です。歯科で事前に相談をすることもできます。デメリットとしては、普通の方法に比べると費用が高いことと、食事をするときにどうしてもぶつかるので違和感があるということです。

歯科矯正についての情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科でマウスピース矯正 All rights reserved