歯科矯正中の抜歯

歯科での矯正における抜歯

歯科矯正で抜歯する理由とは

歯科矯正を行う際には、抜歯が必要な場合があります。その理由として、まず挙げられる理由は複数あります。まず、顎が狭い場合、歯が顎の中に並びきらないといけないため、顎と歯のバランスを整えるためです。また、抜歯を避けるためには、顎を広げる必要がありますが、限界を超えて顎を広げると、歯が植えられている骨が外に出てしまい、歯の神経が死んでしまう可能性や歯がぐらついてしまう可能性があるため、無理に顎を広げるよりも、歯を抜いたうえで歯の根を正しい位置に来るように歯を動かすためです。無理に歯を並べることで後戻りがしやすくなるため、後戻りを防ぐため、出っ歯の型の場合は前歯を入れるだけの隙間を作るためなどがあります。歯科では、何の理由もなしに歯を抜いたりしないのでちゃんとした意味があります。

矯正治療での抜歯について

矯正治療では歯列を整える際に歯が動くスペース確保の為に、噛みあわせに影響の少ない歯を抜く事が治療方法として昔からよく用いられています。しかし中には非抜歯の方針を取る矯正歯科もあり、その際には歯列自体を拡げたり、歯列を奥に下げる、歯を一部削って隙間を作るなどの治療法を勧めます。非抜歯の歯並びは一見整っているように見えますが、隙間が十分に確保できない場合には後戻りのリスクが高いでしょう。歯列だけでなく、噛みあわせ等を総合的に判断して歯を抜く抜かないだけに注目せずに治療する歯科医師を選ぶ事が大切です。

歯科矯正についての情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科でマウスピース矯正 All rights reserved