人口歯での歯科矯正

歯科でインプラント矯正

矯正歯科でインプラントを

矯正歯科などで行われる施術のひとつに、インプラントがあります。これは、歯が抜けている部分に、ネジを埋めて、それを土台として人口の歯と連結させることをいいます。ブリッジ施術のように、健康な歯を削る必要がなく、見た目も美しいのが特徴です。また、ものを噛む力も損なわれず、患者さんが感じる違和感が少ないことも、メリットとしてあげられます。ただし、治療期間が長く、術後のメンテナンスも必要で、なにより高額であることには注意が必要です。メリットとデメリットをよく知ったうえで、歯科で相談に乗ってもらうなどして、自分に合った施術を選びましょう。

インプラント矯正について

インプラント矯正とは、歯科において行われる新しい歯の矯正方法であり、顎の骨に人工歯根を埋め込むという技術を使用したものです。位置を直したい歯を引っ張るためにインプラントを支点としますので、歯科における近年一般的なワイヤーやブリッジを使用した方法と比較してもより短期間で、早ければ約半年という短さとも言われ、さらに確実に治療できるとされています。さらに見た目にもすっきりしており、最悪のケースでは健康な歯を抜かなければならないといった問題も発生しないなどというメリットもあります。但し、16歳以上という年齢制限があります。

歯科矯正についての情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科でマウスピース矯正 All rights reserved