歯科矯正における器具

歯科でマウスピース矯正

歯科で行われるマウスピース矯正

歯科で行われている歯列矯正といえば、笑ったときに前歯にワイヤーが見えるというイメージです。永久歯に生え変わる低学年のうちに始めるのが一般的ですが、大人になってから歯並びが気になって治す人も少なくありません。しかし、大人になってから前歯にワイヤーをつけるのは、なかなか勇気がいることです。とくに営業や人前に出る仕事の場合はなおさらです。歯並びが極端に悪い場合には、抜歯をしなければならないこともありますが、そこまでガタガタでない場合では矯正歯科でマウスピースをつかって歯並びを治すことができます。寝ている間だけはめればよいので、人の目がきになりません。

マウスピース矯正について

マウスピースを用いる矯正方法があります。自分の歯列をかたどった透明なマウスピースを装着する事で歯列を整えてくれるかっ区的な治療法です。メリットは取り外しができるという点で、煩わしい食事や歯みがきの時には着脱する事が可能であり、利用者のストレスが少ないとも言えます。また審美性が高いので目立ちにくい点も魅力的でしょう。一方で導入している歯科は一部である為、通える範囲にない可能性もあります。また自由に着脱できる為、歯科医師の指示の通りの装着時間を守らないと、装置がはまらなくなる等、予定通り進まないといった事があります。

歯科矯正についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科でマウスピース矯正 All rights reserved